FC2ブログ
借金地獄から生還した司法書士の懺悔録
壮絶な借金地獄から生還した自らの体験を基に、多重債務の相談に尽力している司法書士が綴る、赤裸々な懺悔録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銭に狂った我(16)
前に述べたがバブル時代は本業をおろそかにし、不動産、株に熱中していた訳であるが、お金に対する本人の器量はおそらく持って生まれた範囲を超えることは出来ないと思ったものである。例えば仮に不動産の取引で手数料収入があった場合、その額が100万の場合と1000万の場合と比較すると、私の経験では、100万の方が喜びを感じ、1000万になると何かしら不安感が生まれ、自分がコントロールできなくなった。従ってその1000万を早く消費しなければと、浪費に走ったものである。諸君笑うなかれ、これは現実に経験したことである。わたしのお金に対する器量は、
100万台であり、それ以上は管理する能力が無いことをここに告白する。
最近の事例では、例の「村上氏」が資金量の急激な増加、それに比例して莫大な手数料を手にし(あくまで推測だが)やはり自己コントロール
が不具合になり、それが「検察」のターゲットになったのではないかと見ている。(もっとも私とは桁が大きく違うが)何れにせよ、自分の器量を知ることが人生において大切であると思う訳である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tuchida.blog52.fc2.com/tb.php/16-36bee32b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。