FC2ブログ
借金地獄から生還した司法書士の懺悔録
壮絶な借金地獄から生還した自らの体験を基に、多重債務の相談に尽力している司法書士が綴る、赤裸々な懺悔録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銭に狂った我(6)
言うまでもないが、お金は人間の大半の欲望が実現できる道具である
一義的にはあらゆる「不幸」と「幸福」がお金によって左右される。
お金こそ万能の神であり、「幸福」を求めるあらゆる人間の渇望の対象である。およそ「幸福」を求めない人間は皆無であり、自殺者さえ「幸福」を求めその境界を越える。しかし、例えば長年欲しかった物(家、車、ブランド商品、異性他)を苦労の末我々が手に入れた場合を考えて見よう。その瞬間は大きな幸福感に満たされる事は誰しも経験したことであるが、残念ながらその至上の幸福感は決して永久のものでは無く、
手に入れた物によって多少の相違があるが、せいぜい半年か1年もてばよい方でる。但し人によっては、一生幸福感に満たされていると主張するかもしれないが、これは私に言わせれば、異常な虚栄心と優越感の持ち主であり、一般的にはこのような人を「俗物」と呼んでいる。
私は、お金以外に幸福があるなどと言ってるのではない。この点は次回述べるつもりである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tuchida.blog52.fc2.com/tb.php/6-43f8a490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。