FC2ブログ
借金地獄から生還した司法書士の懺悔録
壮絶な借金地獄から生還した自らの体験を基に、多重債務の相談に尽力している司法書士が綴る、赤裸々な懺悔録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銭に狂った我(8)
結局のところ幸福とは、できる限り現実的な不幸が存在しないことである。不幸を災厄と言い換えても良いが、一番わかりやすい例が健康である。表面的にはどんな栄華を満喫している御仁でも、ひとたび病に犯されれば幸福感など一気に喪失してしまう事はお解りと思う。(但し健康で長生きすることが最大幸福などと言っているのではない。最近の異常なまでの喫煙パッシングは、この点が解っていない。長命な人でもキレイな顔と実にいやらしい醜悪な顔つきと分化していることは、少し観察力のある人であれば日常感じられるところであるが、最近の日本人の顔は私の若いときより確実に悪くなっており、ヨーロッパにおいてもその傾向が出ていることは実に嘆かわしい事である。)
民主党の菅氏が最近「最小不幸社会」と言っているのは、論理的に全く正しいものであり、馬鹿なワイドショーのコメンテーターが消極的だなどと批判しているのは自分は阿保であると宣言しているに等しい。
(但し私は政治には全く興味がないが)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tuchida.blog52.fc2.com/tb.php/8-832f3fd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。